冬の病気予防について

1番なりやすい冬の病気といえば、風邪とインフルエンザです。
この病気は乾燥によって発症する確率が高くなってしまうため、冬の時期は、乾燥対策が必要です。インフルエンザウイルスは、湿度が35%以下の湿度が低い状態では活発に生存しています。ですが、湿度が50%あれば、10時間でほぼ全滅するといわれています。そのため、加湿器を設置するだけでも、かなりの効果があります。
また、脳梗塞や、脳出血にも注意が必要です。冬は暖房を使用しますが、トイレやお風呂には使用していなく、とても冷えているという家庭も多いと思います。
例えばお風呂に入るときに、寒い脱衣所で服を脱ぎ、温かい湯船につかり、また寒い脱衣所で体をふくという様に、短い時間で急激な温度の変化があると、血圧も上がったり下がったりと、負担がかかってしまい、脈拍も変動し、最悪の場合脳梗塞を起こしてしまうケースもあります。
お風呂で気になるのが自分の体毛です。特にムダ毛は気になって仕方がありませんよね。友人が脱毛三宮の口コミを見て脱毛をしたと聞いて私も脱毛エステに興味をもちました。友人は三宮なので、一緒に通えるかなみたいな。
この急激な温度の変化による病気を予防するためにも、脱衣所に暖房器具を設置したり、もし用意できない場合は、浴槽にシャワーを使ってお湯をはることで、浴室全体が温まり、体への負担も軽減されるのでおすすめです。

夏にかかりやすい病気の予防

夏にかかりやすい病気の1つに脳梗塞があります。冬にかかりやすいイメージがある方も多いと思いますが、夏は汗を多くかきます。
そのために、体内の水分が減ってしまい、血液の粘度が増して、血の塊ができやすくなってしまう事が原因で、悩梗塞の危険が高まるといわれています。
その予防としては、水分をこまめに摂取することが大切ですが、水を飲んでも、体が吸収するのには20分程かかるので、スポーツドリンクを飲んだ方が、吸収が早いのでおすすめです。他にも、夏にかかりやすい病気には脱水症状があります。
エアコンのきいた室内にいるからといって水分を摂取しない事はとても危険で、エアコンのついている部屋は意外と乾燥しています。
そのため、汗をかいていなくても、体内から水分は少しずつですが減っていってしまいます。そのため、室内にいるからといってもこまめに水分補給をすることが大切です。また、アルコールを飲むことで水分を摂取できているという考えは間違えで、アルコールには利尿作用があるため、飲んでも体外にでてしまいます。そのため、お酒を飲んだ後にはコップ1杯でも良いので、水を飲むことも大切です。

管理人一押しWEBサイト

八王子市脱毛の口コミ
八王子市にある脱毛サロンはたくさんあるので、口コミや評判を調べ、さらにレーザー脱毛や全身脱毛など、ご自身がどうしたいのかを明確にして行くのが得策です。

健康や脱毛に関するコンテンツ