アドバイスできることは男女ともに責任が取れるようになるための性教育

よくいろんな雑誌や本やメディアに書かれていること、 女性は7の倍数の年齢に 重大な変化が現れるとか。 7歳、14歳 、21歳、28歳 35歳 42歳 49歳 56歳 63歳 70歳 77歳 84歳 91歳 98歳 105歳 112歳 7という数字が相当意味をなしています。 7歳は幼児期を脱し、 学童期に入って男女差をはっきり自覚できますね。 ママの香水をつけてみたり、髪を巻いてみたり、お料理のお手伝いも上手になります。  14歳 体も成長途中ですが心も乙女心が傷つきやすく  一言男子に不細工などと言われたら  学校に行きたくない日もあるかもしれません。 学校にお化粧は無理でも ファンデーションやマスカラをこっそりつけて行って 同級生にはちやほやされても 先生に見つかると叱られますね。 下着にレースがついているとか校則が厳しい場合は 通知が渡されますけど、 子供も レース下着がだめで 全部買い換えないといけなかったり、水玉柄の水色のブラがNGで通知書を持たされて ベージュに変えたら校則には書かれてはいないけれども 学生らしくないからとNGで 中学生の下着選びも大変でしたが 女の道は険しいです。 さらに 21歳、 成人したとはいえ 心はお子様ですから 彼氏がいるとはいえ 避妊には親が口出せないもどかしさ。 大昔なら お嫁に行くまでは汚れないままでいるのが常識だったのに、今はモテない歴のほうが問題にされて となると 避妊を常識として教えないといけない時期はいつなのか?

健康や脱毛に関するコンテンツ